博多区での不動産売却・購入|福高不動産株式会社 > 福高不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 家の災害保険とは?火災保険と地震保険の必要性は?

家の災害保険とは?火災保険と地震保険の必要性は?

≪ 前へ|不動産売買時の固定資産税はどれくらいかかる?計算方法や支払う時期は?   記事一覧   不動産売却でかかる税金と節税について|次へ ≫

家の災害保険とは?火災保険と地震保険の必要性は?

マイホーム購入の際、多くの方が火災や地震などの災害保険に加入しています。
住宅ローン組む際の条件や予測できない自然災害などを考え加入しますが、義務ではありません。
そこで今回、災害保険とはなにか、なぜ必要なのかを解説します。
ぜひマイホーム購入を検討している方は記事を参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

家の災害保険のひとつ!火災保険とは?

火災保険とは、火災が起きた際に建物や家財道具など補償してくれる保険のことです。
火災保険では建物と家財が補償されます。
具体的な補償内容は以下のようなものです。

●火災:隣の住宅や雑木林などからのもらい火や自然災害のひとつである落雷、ガス漏れや漏電トラブルによる爆発や破裂など
●風災:突風や竜巻、台風などの自然災害で屋根が飛んだ、なにかものが飛んできて外観にひびが入った場合など
●水災:洪水による床下浸水が起きた場合など


しかし、地震による火災であった場合は補償を受けられないため注意が必要です。
地震による延焼に巻き込まれたが、火災保険のみの加入だったため補償されなかったケースもあります。
そのため、これから予測できない自然災害や火災のトラブルの対策のため災害保険加入を検討しましょう。

家の災害保険のひとつ!地震保険とは?

地震を原因とする損害を補償するための保険のことです。
火災保険に付帯されるもので、対象は建物と家財に限られます。
補償は、地震が要因となる災害や損傷に対して保険金が支払われます。
また、津波による建物損壊や家屋流出の際も保険金支払いがされます。
ここで注意点として、地震保険は火災保険に加入しなければ入れません。

家の災害保険の必要性はある?

天災で被害を受ける可能性は誰にでもあります。
日頃から気を付けていても自然災害は防ぐことができません。
そのため災害保険に加入しておくことで全損や火災で全焼した場合には、建て直し費用や取り壊し費用の一部を工面できるでしょう。
マイホームの建て直しの費用は家財を含め2,500万円と言われています。
なかには、住宅ローンの組み換えなどをおこなえばいいだろうと考えている方もいますが、返済年数が浅ければ組み換えや再度住宅ローンを組むことは難しいと言えるでしょう。
理由は、返済比率が大きくなるからです。
マイホーム購入の際には、間取りや外観、借り入れ先など多くのことを検討しますが、保険についてもしっかりと考えましょう。

まとめ

災害保険とは、天災や火災が起きた場合、建物や家財を補償してくれる保険のことです。
最近、竜巻などの自然災害などが多く起きています。
保険の必要性を把握したうえで、マイホーム購入時には検討しましょう。
私たち福高不動産は福岡市周辺の不動産情報を豊富に取り扱っております。
「売却の相談をしたい」「家を買い取って欲しい」「引っ越しをしたい」など気になることがあればお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売買時の固定資産税はどれくらいかかる?計算方法や支払う時期は?   記事一覧   不動産売却でかかる税金と節税について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


篠栗町大字若杉 売地

篠栗町大字若杉 売地の画像

価格
1,980万円
種別
売地
住所
福岡県糟屋郡篠栗町大字若杉376
交通
篠栗駅
徒歩14分

福津市西福間二丁目中古戸建

福津市西福間二丁目中古戸建の画像

価格
900万円
種別
中古一戸建
住所
福岡県福津市西福間2丁目5番24号
交通
福間駅
徒歩16分

福岡県福津市西福間二丁目売地

福岡県福津市西福間二丁目売地の画像

価格
900万円
種別
売地
住所
福岡県福津市西福間2丁目5番24号
交通
福間駅
徒歩16分

ビレッジハウス吉塚2号棟

ビレッジハウス吉塚2号棟の画像

賃料
6.1万円
種別
マンション
住所
福岡県福岡市博多区吉塚6丁目16-2
交通
吉塚駅
徒歩9分

トップへ戻る