博多区での不動産売却・購入|福高不動産株式会社 > 福高不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > マンションをリフォームする際の範囲や注意すべきポイントとは?

マンションをリフォームする際の範囲や注意すべきポイントとは?

≪ 前へ|マイホーム購入時に知っておきたいフラット35とは?条件とデメリットを解説   記事一覧   賃貸物件にあるウォークインクローゼットとは?メリットや収納のコツをご紹介|次へ ≫

マンションをリフォームする際の範囲や注意すべきポイントとは?

最近中古のマンションなどを購入して、自分好みにカスタマイズする方が多くなっています。
そこで今回、マンションでリフォームできる範囲と準備すべき点、注意点はなにかを解説します。
ぜひ、マンションに住んでいる方、またはこれから住む方は記事を参考に検討してみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

マンションでリフォームできる範囲と押さえておくべきポイント

マンションなどの集合住宅で、リフォームできるのは専有部分のみです。
そのためリフォームできる範囲は専有部分の居室やキッチンなどの水回りなどになります。
共有部分と言われるベランダや玄関アプローチなどはリフォームできません。

●壁紙やフローリング張り替え
●設備の交換
●浴室
●キッチン


これらは一般的にはリフォーム可能ですが、物件自体の構造に影響を与える場合は修繕できません。
そのため、ベランダに出る窓やサッシの交換などはできないため注意しましょう。
リフォームが可能な範囲の基準については、マンションの規約や購入時の説明書などを確認してみましょう。
読んでもわからない場合は物件を管理している会社などに問い合わせしてみましょう。

マンションをリフォームするときに準備しておきたいポイント

リフォーム前に準備しておきたいポイントはいくつかあります。

●工事の騒音などで迷惑をかけるため近隣住民に挨拶しておく
●工事3日前には自宅の片付けが終了している状態にする
●不要なものは撤去しておく
●修繕工程の把握と人の出入りを把握しておく


ここで忘れがちなポイントは工事に入る業者の駐車場スペースです。
何台も確保しなければならない場合に、路上駐車になりがちでマンションの住民や近隣の方にも迷惑をかけてしまうケースがあります。
そのため、リフォーム会社との打ち合わせで、何台くらいのスペースが必要なのか把握し、確保の台数を伝えることで、トラブルを防ぐようにしましょう。

マンションをリフォームするときの注意点となるポイント

リフォームする際には、必ずマンションの規約やポイントを確認しましょう。
遮音フローリングには等級があり、規約で決められている可能性が考えられます。
物件によってはカーペットからフローリングへの変更が認められないところもあります。
そのためリフォームする前に押さえておくべきポイントとして、どこまでのリフォームが許されるのかきちんと確認することが重要です。
また、サンプルと実際の見た目が異なる場合もあるため、カタログだけで判断しないことも大切です。

まとめ

マンションのリフォームの押さえておくべきポイントは、事前に要望と条件がクリアしているかの照らし合わせをおこなうことです。
規約に書いていないことで心配な場合は、管理会社に問い合わせてみましましょう。
私たち福高不動産は福岡市周辺の不動産情報を豊富に取り扱っております。
「売却の相談をしたい」「家を買い取って欲しい」「引っ越しをしたい」など気になることがあればお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|マイホーム購入時に知っておきたいフラット35とは?条件とデメリットを解説   記事一覧   賃貸物件にあるウォークインクローゼットとは?メリットや収納のコツをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


賀茂2丁目売戸建て

賀茂2丁目売戸建ての画像

価格
4,300万円
種別
中古一戸建
住所
福岡県福岡市早良区賀茂2丁目
交通
賀茂駅
徒歩7分

ワンズハート室見

ワンズハート室見の画像

賃料
7.6万円
種別
マンション
住所
福岡県福岡市早良区室見2丁目
交通
藤崎駅
徒歩5分

サンパーク大濠

サンパーク大濠の画像

賃料
11.2万円
種別
アパート
住所
福岡県福岡市中央区今川1丁目25-10
交通
唐人町駅
徒歩7分

サンライズ小田部

サンライズ小田部の画像

賃料
7.7万円
種別
マンション
住所
福岡県福岡市早良区小田部3丁目
交通
室見駅
バス11分 小田部5丁目 停歩3分

トップへ戻る